新メニューとレイヤ

グーグルアースを起動後、グーグルスカイに切り替えます。

グーグルスカイの起動方法

レイヤ

画面左下のレイヤの中にある「Sky へようこそ」のチェックボックスにチェックを入れてみてください(ダブルクリックでもOK)。

初期の頃に比べて、レイヤの構成がかなり変わっています。今後も変わっていくものと思われます。

メニュー

銀河を中心に、周囲にアイコンが散らばっている画面に移動しました。これはグーグルスカイの“メニュー”に相当するもので、画面左下のレイヤの中の「Sky へようこそ」をダブルクリックすれば、どこからでもここに戻れます。

赤外線、紫外線、エックス線、マイクロ波などを利用して宇宙を見ることができる新機能が追加されています。他にも天体地図やポッドキャストなどもありますね。

試しにひととおり見てみましたが、赤外線、紫外線などの画像は専門的すぎてよくわからない(個人的にはあまり楽しめない)と感じました。この中で素人レベルでも楽しめると思ったのは、星座に絵を重ね合わせる機能です。

ヘベリウス星座

左下にある三角形のアイコン「ヘベリウス星座」をクリックして、さらにポップアップ画面左上にある青いボタン「このレイヤを表示」をクリックしてみてください。

星座

薄っすらとした絵が星座に重なって表示されました。昔の天文学者たちがどのように星座を見て、なぜそのように名付けたのかがよくわかります。昔の人たちって実に想像力豊かですね。